【余白の美】ステージもコミュニケーションも、余白の部分のデザインが大事だよなー。 男は背中で語ろう

日刊ノンシュガーレス

[No.46]

こんにちは。

嵐みたいになろうとジャニーズの門を叩くつもりだったのに、活動休止ということで、目標を失って落胆しているノンシュガーです。

余白の部分をデザインする。

演奏がある程度上手なのは、ミュージャンやパフォーマーなど
ステージに立とうとするものなら当たり前に意識するとして

ライブにおいては重要なのは余白の部分だよなーと思いました^^*

もともと、演奏だけがステージではないと思っていて
登場から、いや下手するとリハーサルから
自分の挙動は意識してないといけないんですよね(๑•̀ω•́๑)

CDとか、パッケージングされたものも
それはそれでいいと思うんですが

ライブになるとMCはもちろん
前後のスタッフさんとのやりとりだったり

仕草表情だったり、それが全部自分を伝える
材料になっていくんですよね。

当たり前のようですが、どうしても
演奏ばかりに気を配ってしまいがちなので

時々思い返して姿勢を整えたいなぁ、と
いい天気をブラブラしながら思ったのでした^^*

日本人には「余白の美」という感覚がありますが
描いた外側の余白部分があるから、内側が際立つと思います。

これってステージに限らず、
普段のコミュニケーションでも言えるよなあと思います。

「男は背中で語る」じゃないですが
どれだけ綺麗な、ご立派なことを言っても
結局は背中しか見てもらえないものですよね^^;

というわけで、今日も全力で自分らしくいるしか無いんですねw

コメント

タイトルとURLをコピーしました