捨てる勇気と全集中

日刊ノンシュガーレス

[No.224]

こんにちは。
集中し始めると、目の前が揺れ始めるノンシュガーです。
集中慣れしていないので、逆に精度が落ちるというOrz

お知らせは文末に。
なんかだいぶ前に同じこと書いた気もしますが、ブレてないってことで笑

他は捨てる

さて、鬼滅の刃にも「全集中」という言葉というか技というか、概念がありますが

集中や注意ってなんだろうなー、と思うことは
仕事でもプライベートでも、自動車事故のニュースを見ていてもよくあります。

集中する、というのは字のまんま1点に集めるということだと思うんですが
個人的には「他を全て捨てる」と言い換えた方がしっくりきます。

何度も鬼滅の刃で表現して申し訳ないんですが
ちなみにこの漫画の中のストーリーではある技能を獲得する際に
「他の感覚は全て捨てて、閉じる」という表現が出てきます。

だよなー、集中ってそういう事だよなー、と共感しました。

広く浅く、狭く深く捨てる勇気

やりたいこと、やるべきことって物凄く色々あるんですが
得られるのはそれぞれに集中した時間分の価値だけかなとも思うんですよね。

全部に一度に集中は難しくて、それぞれは別々に集中しなくてはならない。
だから事故も起きるし。

日々やりたいことを色々と詰め込むのもいいんですが
広く浅く全部を組み込んでしまうと、深くは潜れない。

捨てる勇気も大切なんだなぁと頭がごちゃごちゃした時にはよくよく感じるものです。

アイビーリーメソッド

効率的で生産性が上がると有名なアイビーリーメソッド。

前の日に翌日やることを6つだけ選んで優先順位を付けておいて、翌日はその順位順にこなしていく。

という考え方があるんですが、これがまさに全集中。

優先順位が若いものだけに命をかけてこなしていくんですね。
出来なかったことは、全部捨てる。

あれもこれもと考えていると全部が中途半端になってしまうので、捨てる勇気はとても大切だなぁと思った昼下がりでございます(´∀`*)ウフフ

ライブに全集中

・common-ship橋通り(野外) 11/8
https://www.facebook.com/592065094262154/

コメント

タイトルとURLをコピーしました