ミックスボイスができない人の出し方や練習方法、習得のコツなど

ミックスボイスについてyoutubeで質問を頂いたので、書いてみたいと思います(´∀`*)ウフフ
ミックスボイスは名前の通り、ファルセットとチェストボイスの中間の声、とイメージしています。
裏声がファルセットで地声がチェストボイスなら、ミックスボイスは混声…?
なんか違うwなぜなんでもかんでも横文字にしたがるんだろうかw

歌は、音楽は、ただメロディをなぞれればそれで良いってもんでは決して無いですよね。日常会話も同じかw
楽器がその種類や音色によって印象が変わるように、声も人によって、出し方によって伝わり方が間違いなく違います。
自分の表現に必要なら、色々な声の出し方を習得しておくと、幅が広がっていくと思います。語彙みたいなもんです。

ただ、人間という点は同じでも身体の大きさや形は微妙に違うので、私の身体で書ける内容を書いていきたいと思います。参考になるとうれしいです(・∀・)b

ミックスボイスの出し方

PublicDomainPictures / Pixabay

歌声について調べていくとチェストボイス、ミックスボイス、ヘッドボイス、ファルセットとか色々な用語が出てきてわけがわからなくなりますが、要はそれぞれに向いている音域があるということです。

厳密な分類についてはお話できませんが(知らないので)、例えばチェストボイス(いわゆる地声)は低音向け、ファルセット(いわゆる裏声)なら高音に向いている、と言った具合ですね。

ただ、まずはこれら色々あるような声が別のものなんだという考えを、とっぱらうことがミックスボイスの出し方を知る入り口なのかな、と個人的には思っています。便宜上分けているわけですよ。

つまり、全部の声は別のものではなくて、繋げて出していくということです。それぞれ向いている音域が違うので、低音から高音へ、あるいは高音から低音へ音が移動していく中で、シフトチェンジしていくようなイメージです。

MikesPhotos / Pixabay

「ミックスボイスがわからん!」という方は車で例えるとマニュアルのギアチェンジ。うまいことミックスボイスがの出し方がわかる方は、オートマのギアチェンジ。これだとイメージしやすいでしょうか(・ω・)

いろいろなサイトで声帯の振動の仕方とか声帯を閉じてとか開いてとか理論的に説明ありますが、身体の中のことなんで、そのイメージで繋がらない時は、一旦全部忘れて力抜いたほうがうまくいきますよw

地声は大抵の方が悩まないとして。全てが繋がっているとは書きましたが、ファルセットが苦手な方は先にファルセットを練習した方がうまくいくと思います(ファルセットについてはあとで別の記事で書きたいと思います)。

StockSnap / Pixabay

若干矛盾しますが、声は繋がっているとは言え出す音が違ってくれば、当然筋肉の使い方も違ってきます。「ミックス」という名の通り中間に位置する声と言うことで、高低両端から中間に向かって攻めていった方が習得しやすいですよ。

高音の身体の使い方と低音の身体の使い方、両方が必要だから難しく感じるのだと思います。ドラクエで言う魔法戦士みたいな。魔法使いと戦士両方の熟練度を上げないと転職できませんよみたいなwドラクエ好きなら腑に落ちるでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

ミックスボイスのコツや感覚

geralt / Pixabay

さて、やっとミックスボイスのコツですが、これはやはり脱力だと思います。何かの記事に書いたと思いますが、高い声を出そう出そうと次第に力んでませんか?特に顎。息も吸えなくなります、吐けなくなります。

脱力とは言っても力を入れすぎない、力まないと言う意味ですね。スポーツと一緒です。ファルセット(裏声)を出す時は脱力していると思いますが、同じイメージですね。

力まずに、ファルセット(裏声)で声を当てる位置に地声を当てるようにします。私のイメージは口から声を出すのではなく、のどちんこから鼻の裏側(鼻腔)に声が当たって、頭の中に響いていく感覚です。

前の項目にも書いたとおり、人体、声帯の構造とかの理論がしっくり来なかったら、結局は自分の身体でいろいろためしてみる中で、感覚を掴んでいくといいです。

録音しておくことも大事です( ̄ー+ ̄)キラリ

ミックスボイスの練習方法

strecosa / Pixabay

声域は人それぞれですが、メロディの高低差がある曲や自分の聖域の中でファルセットとの境目をメロディが行き来している曲は練習になると思います。

私の場合はケミストリーさんの曲は練習に合ってました。アルバム「The Way We Are」に収録されている 「Intro-lude ~The Way We Are~」なんかモロです。志村けんさんのやハウルの動く城のカルシファーのモノマネもいいと思いますwあと猫の唸り声。いや割と本当に。

[amazonjs asin=”B00005Q87W” locale=”JP” title=”The Way We Are”]

あと、歌う前の準備体操にもいいですが、サイレンのモノマネ。低音から「う~~~~~~~~~~うううぅぅ」と高音まで上がりまた下がっていく。緩やかに高音までメロディを持っていく練習方法は感覚を掴みやすいです。

音楽を本格的に学んでいなくても、音楽の授業で合唱の前にウォーミングアップしませんでしたか?「あああああ(ex.ソファミレド)」といったメロディで半音ずつキーを上げながら声を出していく。ドドドドドと単音の発声を半音ずつ上げていくのでもドミソミドでもいいですが、結局アレが一番感覚を掴めます。自分の音域も分かりますし。

こんなやつ。これを力まずに筋肉の感覚を意識しながらやる。

それと

これは歌やギターだけに限らず何事もですが…。だれでもやっぱり「効率がよい」「楽な」「格好いい」「簡単な」コツや練習方法を探そうとしますし、そうだったら一番いいとは思いますが、まずは1つ、続けてみるのが良いと思いますけどね。あれもこれも、あっちの方がいいかもそっちの方がいいかもってしてると結局何も手に入らないもんです。

お話した中でおすすめは音楽の授業の下りです。力まずに筋肉の感覚を意識しながらやる、そして続ける。何事もまず続けるです。ドラクエの話に戻りますが、熟練度の上がり方にも個人差があります。自分の身体に必要な熟練度がどのくらいか?はわかりませんが、それまで決めたことを続けるしかないのは間違いないと思います(・∀・)b

でもそれでいいんじゃないかと思いませんか?誰でも簡単で楽で効率的にミックスボイスが出せる、あるいは歌がうまくなる方法があったらみんなが歌うまで誰も光らなくなるんじゃないでしょうか?( ̄ー ̄)ニヤリ

何かを掴んだ人は大概がそんなふうに「行動し続けてきた人」なのだ、と私はそう思うのです。…最終的にマインドセットになってしまいましたw

最期まで読んで頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました