Fコードなんて押さえなくていい その1

ギター

「Fが押さえられないから、ギターを挫折した」ということをよく聞きます。もったいないなぁ…。個人的には「Fコードなんて押さえなくていい」そう思ってますw厳密にはFコード自体の話ではなく、あの人差し指で1~6弦、つまり全部の弦をガッと押さえなきゃいけないあの形のことですね。セーハとか、バレーコードとか言われる形です。

具体的かつ厳密に言うと押さえないわけではなく、「省略」したり「押さえる場所」を変える、という方法です。中には邪道だとおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが…wいわゆるFコード1つに固執してギターを続けられなくなるなんて、なんとも物悲しいと思います。まずは楽しく継続できる、これが一番大切なんではないでしょうか。

もちろん、Fのバレーコードをしっかり押さえるコツは次の記事でw紹介したいと思っています(´∀`*)ウフフヴォイシングとかややこしい話は出来るだけ避けたいとは思いますが、楽しくギターを、音楽を続けられる一助となればうれしいかなぁと思っています。コード1つが押さえられないぐらいでギターやめることになるなら弾かなくていい!そう思いますw

Fコードなんて押さえなくていい

「Fが押さえられないから、ギターを挫折した」そもそも、こんなこと言う人がいるからいけないんですw思い込みを助長します。Fが押さえられないことだけに執着する必要なんてないと思いませんか?Fコードはファとラとドが鳴っていればそれだけでFコード、ということなんです(・∀・)b

フォームを変える(省略する)

なので、省略しましょう。何を省略するか?→人差し指です(・∀・)bかなりざっくりした説明になりますが、Fコードを構成しているF(ファ)とA(ラ)とC(ド)は、F(ファ)を基準(ルート)とすると、ファ→1、ラ→3、ド→5となります。ここからいつものFのバレーコードを見てみると…。

上から151351(ファドファラドファ)となっています。6弦がファ、5弦がド、4弦がファ、3弦がラ、2弦がド、1弦がファです。これは基本ですが、じゃあちょっと基本を崩していってもよいかなーなんて思うわけです。ちょっと簡単にしていきましょう( ̄ー ̄)ニヤリ

というわけで、下2本を省略してしまいましょう。ああ、なんて簡単なんでしょう。6~4弦を押さえたら、あと2~1弦は人差し指の腹でやさしく触れてミュート(音が出ないように止める)。個人的にはこれが一番簡単。そして、もっと押さえる指を少なくしてみるとすると…?あとで紹介します。あ、6弦を弾かない形でもいいですね(・∀・)b

ちなみにエレキギターだと、パワーコードと呼ばれる1番めと5番目の音だけを押さえる超簡単フォームもありますが、3番めの音はメジャーとマイナーを決める要素になるのでアコギで弾き語りだとちょっと物足りないかもしれません┐(´д`)┌間違いではないんですが、ちょっとおもしろくないというか。

実はこう考えると、Fコード1つでもいろんなフォームがあります。自分に合ったフォームだったり、前後のコードによって押さえ方を変えられるのが一番なんです。

押さえる場所を変える

一番目、ファ(F)の音は何も6弦の1フレットだけではありません。4弦の3フレットもFですし、5弦の8フレットも、6弦の13フレットもF。というわけでたくさんあるので、だんだんコードを勉強していくと、そのどこからでもコードが作れるようになります( ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに6弦1フレット以外で簡単おすすめな場所は…。4弦3フレットから始まるこれかな?wちょっと音が少ない気もしますが、とりあえずはこれでOKでしょう。究極のシンプル系。FAC(ファラド)各1つずつです。超簡単。ちなみに、1弦を開放弦で鳴らすとFM7になります。参考まで。

じゃあ、Fmは?

ねー。FをクリアしてもFmがあるじゃないかと。個人的にはFより押さえづらいわ!って思うんですが、省略するとこれはもっと簡単です。しかもなんかかっこよくないですか?響きもこっちの方が好きです。音を減らしただけなのにw

まとめ

というわけで、例の形のFコードなんて固執する必要は全くありません。冒頭でお話したとおり、やっぱり楽しく音楽を続けられるのが一番!辛いのは現実だけで十分です。音楽を演ってる時は辛いことなんて避けていきましょう(´∀`*)ウフフ

長くなったので二回に分けましたらw次回はこちらもお話した通り、例の形のFコードの押さえ方のコツをお話します。そもそもあんまり響きが好きじゃないのでそもそもあんまり使いませんが…wそれでも、実はコツがあるのです…。

次回の記事はこちらで。

Fコードなんて押さえなくていい その2
前回の続きです。省略コードでいいだろうと個人的には思いますが、例の形のFコードにもコツがあるので、書いてみようと思います。 Fコードのコツ そして、いよいよ成功法ですがw実は何点かコツがあったりします。慣れればいつの間にか弾ける...

コメント

  1. […] Fコードなんて押さえなくていい その1 […]

タイトルとURLをコピーしました